31歳 男 キャンプや書籍、人との出会いによる自分探し

31歳 男 キャンプや書籍、人との出会いによる自分探し

■私が自分探しで色々模索した体験談につきまして。



私は、自分探しに関することをすることがあります。

その内容としましては、私は家族と一緒にキャンプすることが非常に大好きでありますので、そのキャンプを通じで新たな発見をして行こうと言う考えであります。

普段は、都会に居住しておりますが、たまにのキャンプで、例えば山頂での行きつけのキャンプ場があるのですが、そこで、満点の星空をキャンプファイアーをしながら、妻と子供達と一緒に星空を眺めて、「本当に自分がやりたい仕事は何か?また、今後会社内での職務を遂行をするにあたり、今のままのポジションで良いのか?そういうことを考えたり、もしくは、所属する上司に申し出る形で、今現在所属する課から移動するような形で、願い出たりするタイミングを考えたりもします。

また、満点の星空を眺めながら、本当に向いている自分の仕事について考えたりすることもあります。

またキャンプ場でその場所では、展望台も併設されておりますので、その展望台から街並みを見下ろす形で自分探しに興じたりすることがあります。

またキャンプとは別に仕事で行き詰った時等に自分探しをしてみよう!と思い立ち、そんな時には図書館にある哲学書や文学書等を片っ端から読みあさるような形で、今現在での自分自身が見えていない世界について、知識として知り得てまた、研究する形で、自分自身が気付いていない世界について研究するようにしております。

そうすることによって、例えば、仕事で連続してミスしていた状況であったとして、それを回避するために、どのような思考になれば良いのであろうか?と言う形で自分自身に対して、どのように行動して行けば良いのか?また、自分自身の普段の生活態度を改めるキッカケにもなりますので、本を読んで、見知らぬ人から意見を聴取すると言うことも忘れないように心がけております。

人は、自分とは全く異なる環境の人間と出会えた時に、その出会いが自分自身にとってとんでもない刺激となり、自分の思わぬ発見に寄与する形となることが多いので、人との出会いも大切にしております。