気分転換にした転職で見えてきたこと

気分転換にした転職で見えてきたこと

まず軽く自己紹介させていただきます。

私は中堅の小売業の会社で働く38歳の会社員です。

自分の会社は一応規模としては大きい会社だったのですが、業績はいまいち勢いがなく他社競合にどんどんシェアを詰められていっている状態でした。

下っぱの人間はわけのわからない左遷部署においつめられ、自分も中間管理職の中では下のほうに所属していたため、日々戦々恐々としている毎日でした。

自分という存在はなんなのだろう?10数年働いてきた中堅規模の会社でつまはじきものとされ、終身雇用もなくなった現在、これ以上この会社に居座る必要性があるのかという疑問をもつようになり、会社は私をサービス残業をしない役立たずという烙印を押しぞんざいな対応を毎日のようにされ続けている今の状況を変えたいと思い、気分転換というには大きな覚悟がいったのですが、自分が今もっている資格を生かし転職を致しました。

当然前よりははるかに規模の小さい金融の会社に転職したのですが、前の会社より給料が劇的にさがるのかといえばそうでもなく小売業がいかに給料が低いのかと実感しました。

逆に前職に比べて営業の職種を始めて味わって思ったのが個人プレイが際立つ職業でもありました。

誰も知識を教えてくれることもなく自分の数字のために延々と毎日遅くまで仕事をしなければならないという状況が毎日つづきました。

結局気分転換でした転職はまったくうまくいかずに、もとの小売業界に戻ることになりました。

前の実務経験を買われ、大手に就職しましたが、前の中堅の会社よりはかなり制度がきっちりしており、残業も1分でつくコンプライアンスをかなり重視している会社でした。

結果としては自分は短期離職とうことで職歴に傷がついたことに後悔はしていますが、営業の厳しさを経験し、大手がいかに待遇が恵まれているのかも経験できてまあよかったのかと思っています。

この文章を読んでいただけるかたにアドバイスさせてもらうとすれば、転職などで行動をすれば視野は広がると思いますが、ブラック企業で命にかかわるような会社はすぐに辞めるべきだと思います。