46歳女 色々試した結果、コアな部分は変わらなかった自分

46歳女 色々試した結果、コアな部分は変わらなかった自分

私は、大学を期に距離的な問題から、実家を出て一人暮らしを始めました。

当時は、期待でいっぱいでした。

大学に入学してからも、がっつりカリキュラムや課題があったので、忙しくも充実した日々を送っていました。

慣れ始め友人もでき、それなりに時間の使い方もうまくいくようになり、周りが見え出した頃、ふと立ち止まってしました。

もちろん、しないといけない事はこなし、楽しい?と聞かれると楽しいのですが、それで?というものがつきまといだしました。

何かもっと興味がわくものをと探し出し、友達と海外旅行に行きました。

でも、旅行もそれなりに楽しいという感じでした。

そこで、今度は、一人で海外に行きました。

今度は刺激があり、帰国する時には、次にしたい事が浮かんでいました。

それからは、お金をためては、色んな国に行くようになりました。

それも、大学3回生半ばには、自分は何がしたいんだろう、と思い始めました。

目的を持って行っているはずなのに、しっくりこない自分がいました。

そこで、自分がそんなにしたくない事、むしろ嫌な事をしてみよう、と思いました。

そして初めて、長かった髪を坊主寸前にしました。

結果は、取り立てて何もなかったです。

髪を切った時よりも、伸び始めた頃に、どうしようもない髪に困ったくらいでした。

そして、今度は、自転車で実家まで帰ってみよう!と思い、実家をめざして150キロくらいの道のりを自転車で走りました。

これは、結構しんどかったです。

そして、したくない事をした結果、感じた事は、時間が経てば、それなりにどこかにたどりつく、みたいなものでした。

達成感というよりは、それなりにどこかに心もおさまるんだ、みたいな事でした。

でも、両親はびっくりしながらも、いつも通りに迎えてくれ、帰りは自転車を車に乗せて送ってくれました。

その時は、何故か安心しました。

今思うと、一人暮らしを始めたものの、ホームシックというよりは、淡々と過ぎていく自分の時間に戸惑っていて、大学まで自分のしたい!と思う事に迷う事なく突っ走ってきた結果が、こういう事だったのか?でも、不満という不満もない気もする、、、という自分への問いかけだったような気がします。

色々試しても、その時その時の感情はありますが、新しい自分みたいな事にはならなかったです。

でも、色々と試した事はよかったのではないか、と思います。