35歳男性、2週間の旅にでて辛いのは自分だけじゃないと気づいた

35歳男性、2週間の旅にでて辛いのは自分だけじゃないと気づいた

高校卒業からずっと製造業で会社員をしていた35歳の男性です。

独身で結婚する予定もなく、彼女も10年以上いません。



長年勤めた会社を毎日残業だらけ、上司からの罵倒、給料が上がらず、このままこんな人生を歩んでいいのかなっと思っていました。

こんな給料じゃ結婚もできないし彼女も作れない…子供を作ることもできないんなら、いつ死んでも変わらない。

もういっそ死んでしまってもいいんじゃないかと思ったこともあります。



私の気持ちが仕事での言動にでていたのか、有給が溜まりすぎていたのかはわかりませんが、会社に2週間の休暇を取るように言われました。

自分って本当は何がしたいんだろう?このままでいいんだろうか?と思い、この休みを使い日本各地のいろんな場所を巡ってみました。

とくにすることもなく、日本各地をただただ巡り、本を買って公園や海岸などで読み歩いていました。



私がのんびり旅をしながら読書をしている間みんな当たり前のように働いています。

私が移動するための電車、ランチを食べるために入った食堂で働く人、横でスーツをきてスマホをチェックしながらご飯を食べるサラリーマン。



もちろん休みたい、サボりたい、怒られたくない、そんな気持ちを持ちながらもみんな疲れた体を動かしてみんな当たり前のように働いていました。



そんな当たり前のように働く人たちを見て、自分だけが特別辛いんじゃない、大変なのはみんな同じなんじゃないかと気づかされました。



旅行に行く前は本をたくさん読んで、自分探しをしようと思っていたのですが、結果的に本を読んでも何とも思いませんでした。



本で気持ちを変えるつもりだったのですが、結果的に普段目を向けなかったただ普通に働く人達の姿をみて、自分がこれからやるべきことが見えてきました。



旅にでるのはおススメという訳ではありません。

旅にでることよりも今の自分に悲観過ぎずネガティブな気持ちになりすぎないことが大切です。

私の場合は旅にでて周りの働いている人の様子をじっくり見て、苦しいのは自分だけじゃないと気づきました。