40歳女 色んな地域に住んでわかった 特別を求める必要なんてない!

40歳女 色んな地域に住んでわかった 特別を求める必要なんてない!

40代の主婦です。

今は結婚をして、落ち着いた生活を送っていますが、10〜20代後半頃までは、自分探しのために様々なことを体験しました。

まずは、仕事です。

定時制の高校に行っていたため、早い段階で働くことを経験しました。

自分探しのためと言えば格好は良いですが、仕事に関しては、ただ単に続かなかっただけだと思っています。

自分探しのためにした行動で、今振り返ると一番思い切った行動をしたなと思うのは、引っ越しです。

2〜3年おきに、7〜8カ所ほどの地域へ引っ越しをしました。

それも、全く縁もゆかりも地域にです。

自分のことを全く知らない場所へ移り住んで、今までのことを全てリセットしたり、色々なことを経験したりしたかったからです。

何か、自分の特別な才能が、開花されるのではないかとも思っていました。

それに、自分の「生きる力」も試されます。

旅行をするのが一般的だと思いますが、旅行をするお金がなかったので、いっそのこと住んでしまえ!という感覚でした。

20代後半まで、定期的に住む場所を変えるという生活を送っていましたが、当時は大変ながらもワクワクの毎日が送れて、本当に楽しかったです。

色々な地域に知り合いが増えたというメリットがありますが、一つの仕事をずっとやり続けることができなかったという後悔はあります。

年を重ねてみて、コツコツとやり続けることの大切さを知ったからです。

「継続は力」という言葉が、身に染みています。

特別な才能を見つけるのも大事ですが、目の前のことを一生懸命やることの大切さに気づけました。

でも、これからの人生で、何かをコツコツとやり続けることを実践すれば良いのかなとも思っています。

自分が若いときにした経験は、今となってはなかなかできることではありません。

ですので、若い頃に行動に移して良かったです。

きっとおばあちゃんになっても、若い頃の経験は、脳裏に鮮明に焼きついているでしょう。

自分の人生の財産となる経験です。

みなさんも、「これをやってみたい!」と思うことがあるのなら、思い切って行動に移すことをおすすめします。

もちろん、犯罪や人に迷惑をかけることはよくありませんよ!でも、それ以外ならば、行動に移したほうが、後々後悔せずに済みます。

「人生たった一度きり」なのですからね。