23歳 男 本を大量に読んで自分探し

23歳 男 本を大量に読んで自分探し

私は現在23歳学生です。

大学中退後、ニート、フリーターを経て専門学校へ入り直しました。

何となくで行った大学を一年で退学してしまい、そのときにこれからどうしたいのか、どうしたらいいのかがわからなくなってしまい、がむしゃらにもがいていました。

大学をやめたはいいものの、他にしたいことがあるわけでもなく、何も目的を持っていませんでした。

ニート、フリーター時代が自分にとって自分探しをしていたなという時期です。

そんな状況で自分が何をしたかというととにかく本、小説を読みまくりました。

小学生のころから本が好きでよく読んでいましたが、なぜ読書が好きだったかというといろんな世界を体験することができるからです。

それを思いだし、とにかく古本屋でたくさん本を買ったり図書館で本を借りてたくさん読みました。

小説の中の登場人物の性格や職業になりきったり、書いた人の経験がかかれている本を読んで、自分もその世界、経験を疑似体験することで何か自分が生きるためのヒントが得られるのではないかと思いました。

小説ではファンタジーや現実ではあり得ないようや出来事が起こったりするため、実際に自分が小説に出てきた人物になりきろうと思ってもそれは難しいです。

本をたくさん読もうと決めて読み始めたころはこんなことして何かの役にたつのだろうか、意味があるのだろうかと不安な気持ちが大きかったです。

しかし、大量の本を読んでいくうちに登場人物の感情にフォーカスを当てて読むように自然と変化していきました。

そこで自分の中に生まれた感情が今にも繋がっています。

それは人のために行きたい、人との繋がりを大切にして生きていきたい、と強く感じるようになりました。

それで自分は人の支えになることのできる職業に就きたい、と考えるようになり、それが今通っている医療系の専門学校へ通うことへ繋がっています。

高校時代までは自分自身と向き合わず、回りに流されるまま生きてきたので卒業してどうしたいのかわからなくなってしまいました。

しかし、本を読んでがむしゃらに自分探しをした結果、今に繋がっていて、振り替えると大切な時間だったなとかんじます。