27歳男仕事選びの大変さ、まだまだ半人前な自分

27歳男仕事選びの大変さ、まだまだ半人前な自分

はじめまして。

現在、茨城県在住のミッキーといいます。

現在、27歳の男です。

私は、大学を卒業後3回職を変えています。

最初に入った業界がリユース業界の販売の職種を3年半仕事しました。

最初に入社したこともあり、3年以上は必ず続けようという思いで、精一杯業務に励んでいました。

そのおかげもあって上司にも認められ、給料も上げてくれ、働く人たち環境にも恵まれ、何不自由のない人生を送っていました。

そのときに年齢が25歳で、このまま、こんないい環境の中で生活していいのだろうか?。

という疑問が生まれ、新しい環境で、もっと多くの人たちと関わって生きていきたいと思うようになり、退職を決意致しました。

また、そのときに思ったのが、この世に生まれてきた意味なども探したいと思ったのも退職のきっかけになりました。

一社目退職後、IT関係の営業職につきました。

営業職を選んだきっかけは、社会に出るにあたって必要最低限の社会人能力を身に着けたいという事と、たくさんの人たちと出会える、自分の成果に応じて給料が変わるので、どこまで自分ができるのかを挑戦してみたかったのが理由です。

実際、働いてみて営業職の大変さを身にしみました。

自ら仕事ををとる大変さ、営業だとわかった瞬間の相手の態度の冷たさ等、骨が折れるところがありました。

ただ、頑張って成果が出た時の達成感というのは、言葉にならない程うれしかったのは覚えています。

その会社に1年働いた後に、もっと好きなジャンルで営業ができないかと思い、以前から趣味でやっていたパチンコ業界を相手に営業ができ、さらには給料が最初から高い会社を見つけ、入社させて頂きました。

確かにパチンコ店相手に営業をするのですが、職務内容に関しては満足をしていたのですが、その会社の社風、上下関係、不当な業務時間等が自分に合わずに半年で辞めました。

そこで自分が思ったのが、給料の高さではなく、環境の良さが大事なのだと思いました。

現在は、ハローワークを通じて職業訓練を今後受ける予定です。

そこで不動産の資格を取る予定です。

自分の能力で仕事をしていけば何か変わるのでないかと思っております。

まだまだ社会人としては半人前です。

これからもたくさん苦労することもあるかと思いますが、その都度その都度、自分にとっての幸せを考え、将来幸せに過ごせるように、後悔しないように生きていきたいと思います。

人生いろいろです。

焦らず共に頑張っていきましょう。