28歳 女 少年時代に様々な地域を自転車訪問して自分探し

28歳 女 少年時代に様々な地域を自転車訪問して自分探し

■私が少年時代から青年時代にかけて自分探しで色々してみた内容としまして。



私は、少年時代から青年時代にかけまして、自分の適職や、将来の仕事について考えみる状況としまして、様々なことにチャンレンジしてきました。

その内容としましては、私は、自転車が大好きでありましたので、とにかく少年時代につきましては、自転車で青空の下を自転車で駆け巡るのが大好きでした。

時には、県をまたぐようなこともありまして、帰りに自転車がパンクするようなことも、よくありました。

長い2時間程の距離を自転車を押して帰ったようなこともあります。

こう言うアクシデントを経験しながら、あての無い自転車での旅で様々なことをイメージしながら、自転車で走行していたと思います。

また、友達を伴って行くようなことも自転車の旅でありました。

その中で得ることができた内容としましては、自転車で走る地域で様々な地域の方々と触れ合うことができたと言うことです。

主に関西圏内について、自転車で走行する上での目的地を定めて自転車で向かっていたのですが、到着した地域で、様々な方と交流して、そこの地域独自の文化に触れあいながら、人と交流して得れるものは非常に多かったと思います。

よく私が自転車で2時間、3時間かけて行っていた場所が大阪のでんでんタウンと言う電気街であったのですが、そこの中古ショップやジャンクショップで、店舗内で話。

し込んだり、声をかけさせて頂く等して、交流が芽生えたと思っております。

また食文化についても、食レポみたいな形で自転車で訪れた地域で、食事を通じて、話しかけたりすることや、食事をしながら、そこの地域の光景等に魅了されるのが大変好きでありました。

また、時間帯によっても、自転車で走る際に、特に外の景色が夕焼けが美しかったり、夜になるにつれて、暗くなってくる景色を十分に堪能しながら、帰ってくることができますので、その変化する大空を見ながら、色々と自分のやりたいことについて考えた日々を思い返します。