26歳女 都会での体験 自分のしたいことをするのが正解

26歳女 都会での体験 自分のしたいことをするのが正解

初めまして。

私は現在26歳の女です。

大学を卒業後、最初に就職した会社を半年で辞めてしまってから、私の人生これでいいのかと思うようになりました。

そこから私は、いろいろなことをやってみました。

まず最初は彼氏を作るために街コンに参加しました。

そして本来パーティーなどは嫌いなのですが、そこで知り合った方にパーティーや合コンに誘われるたびに必ず参加するようにしました。

というのも本来は本当に引きこもり体質の私なので、こんなに新しい人と出会う機会が無かったもので自分にとってはとても新鮮でした。

そこから、女友達も欲しいと思い女性がたくさん来るパーティーってどんなのあるかなぁとネットで探すようにしていたらレズビアン同士が知り合うというパーティーがありました。

そこにも行ってみて、そこでできた友だちとストリップショーを見に行ったりしました。

そうして遊んでばかりいると、お金の心配が出てくるので、お金に関するセミナーが無料で開催されていたので参加してみることにしました。

しかし、正直欲しかった情報では無かったので継続することはありませんでした。

また、そうしたセミナーやパーティーで知り合う人というのは、友だちになることが目的の人ばかりではありませんでした。

なにかを買わせようとしたり、ネットワークに入るように唆してきたりするような人もいます。

そこで、私はある日プッツンと糸が切れたように、誘われても全部断るようになりました。

元来引きこもり体質の私にはそうした生活をすることはしんどかったようです。

そこで内側に目を向けて見ました。

内側とは、自分のやりたいこと、また自分の身近な人のことです。

自分のやりたいことは正直よくわからなかったので、同じ職場の仲の良い同期と先輩と良く遊ぶようにしました。

そうすると、疲れるけどとても楽しく、また無理のない範囲で遊べることが分かりました。

そこで自分は悟りました。

自分は少ない友だちでも良いから一緒にいて楽しい、安心する人間が必要なんだということに。