29歳男 ヒッチハイクをして自分を見つめ直せて良かった

29歳男 ヒッチハイクをして自分を見つめ直せて良かった

こんにちは。

当方は29歳の男性であり、職業は自営業(フリーランス)をしております。



 自分は一つの場所に留まるのが駄目な性分です。

そんな事で全国を貧乏旅行した時の事を振り返りたいと思います。





 お金がないのでヒッチハイクをしました。

そんな僕のヒッチハイクに停車してくれたのが、な、何と「トラック野郎」(デコトラ)でした。



 最初はど派手なトラックに度肝を抜かれていたら、「兄ちゃんどうしたんだよ?大丈夫かい?」とトラッカーに言われました。



 僕は正気に戻り、「は、はい大丈夫です。

すげぇトラックだなぁ。

と思って」と言ったら、「ありがとうよ。

いいから乗りな!」といわれて、遠慮なく乗車しました。



 現在地は東京であり、行先は長崎という航海中にお世話になりました。



 内装も凝っており、内装だけでも改造費は300万円程だとか(笑)その他外のパーツやらホイルやらアンドン、マーカー等・ペイントで1000万円以上はかかっているとか!!。



 「本当にトラック好きなんですね!」と言ったら、「おうよ!トラックが自分の人生ですわ」と楽しいトラッカーさんです。



 でもトラッカーさんは僕の心を見透かしていたのか、「でも兄ちゃんさ・・・目が死んでるよ。

何かあったのかい?」と言われて、泣きそうになりました。





 僕はこの運転手さんになら何か全部喋ってもいいと思い、話をしました。



 「東京での生活が疲れた事」「ひとつの場所に留まるのが嫌なこと」「何もかにも嫌になった事」。



 そしたらトラッカーさんは、「そうか!なら今は好きなように生きてみればいいさ!そうする事で本当の自分が見えてくるんじゃないかな?」と言われて泣いてしまいました。



 そして、食堂(ドライブイン)でご飯を奢ってくれた事!今でも忘れておりません。



 というか、今では友達付き合いをしております。

(笑)。



 この時の心情としては、「好きなように生きてみればいい」と言われて、本当に自由になれたような感じがしました。



 その後、連絡先を交換して長崎でお別れをしました。

そうしたらあちらから連絡が来て、東京まで乗せて行ってやるよ!という事でした。



 もちろんお世話になりました!(笑)。



 後悔している事は、ないです。

むしろこの貴重な体験で「何かを得た」と思います。



 それは何かは分かりません。

言葉では言い表す事のできない「何か」を僕は手に入れました。





 最後になりますが、僕がアドバイス等と僭越ですが、このトラッカーさんの言う通り、「自分の好きなように生きてみればいい」という事しかアドバイスができないです。



 でもトラッカーさんは、「好きなことするのもいいけど、それをする事によるメリットとデメリットとも人間は受け入れながら生きていかないといけないと思うよ」とも言ってくれました。



 まさに彼の言う通りだと思っております。