24歳女沖縄に旅に出て自分探し周りに流されない生き方が大切

24歳女沖縄に旅に出て自分探し周りに流されない生き方が大切

私は大学を卒業してから本当に自分のやりたいことは何なのかと思い悩むようになりました。

他の皆はちゃんとした会社に就職していきましたが、どうしてもそれは私のやりたいことではなかったのです。

どんな会社に就職したらいいのかも分からず、アルバイトをしながら只々時間が過ぎていくのを待つばかりでした。

次第に焦りを感じるようになり、自分にとって何が大切なのか知るために自分探しの旅に出かけることにしたのです。

それを決めたのは24歳の時でした。

一人で旅に出ることに不安もありましたが、それよりも何か達成させたいという気持ちと旅を終えたら何かが変わるような気持ちでいたのです。

私が自分探しの旅で選んだ場所は、東京のような都会とは違って海や自然のある沖縄だったのです。

今までの環境とは違う場所で、まっさらな気持ちで沢山の人と出会ってみたいという思いがありました。

現地でゲストハウスを探して生活していこうと考えていましたが、実際に行ってみるとすぐに見つける事ができずとても苦労しました。

野宿しなくていけない夜もあり、初めての経験でやはり恐怖もありゆっくり休むことはできませんでした。

ゲストハウスに泊まったときは、なるべく自分から沢山の人に話しかけるようにしました。

私と同じような目的で来ている人もいて、すぐに仲良くなることができて嬉しかったです。

そのあと少し一緒に旅をすることになり、一人旅に役立つ情報を教えてもらえたのでとても感謝しています。

彼女とは途中でお別れすることになりましたが、東京に戻ってからも連絡を取り合う仲になることができました。

沢山の人と出会う事もできましたが、沢山の景色を見ることもできました。

美しい自然を目の当たりにすると、東京での悩みなどは小さなことだったなと感じられるのです。

旅ではほとんど写真は撮らず、自分の目に焼き付けておくことにしました。

旅を終えて気づけたことは、何通りもの人生があるということです。

周りに流されない生き方を大切にしたいと思いました。