35歳 女性 転職・結婚活動 どこにも正解はない

35歳 女性 転職・結婚活動 どこにも正解はない

はじめまして、こんにちは。

私は今35歳フリーランスの女性です。

「自分探し」とはみんなが一度は通る経験ではないでしょうか。

「自分探し」とはよく聞く言葉ですが、実際にはどんなことなのか考えました。

私の場合は「自分はどんな風に生きていきたいのか?」と自問自答していくことがそうなのかなと思いました。

私は義務教育を終えて県立のそこそこ頭の良い高校に進学し、二流と三流の間くらいの大学に文系で現役入学し、みんなと同じように4年で卒業、受かった会社に就職しました。

ずっと大多数の日本人の若者が通る道を歩いていました。

やりたいことも特にないし、なんとなく楽しく仕事して、適齢期で結婚して幸せな家庭を作りつつできる範囲で仕事もしたい、なんて、ものすごく漠然と考えて生きていました。

でも実際は新卒で入った広告会社は営業職で辛いことが多かった。

キラキラしてる華やかな人たちに囲まれてちょっと注目される新人として個性を認められて、業界っぽい素敵な仕事ができる〜なんてフワフワ過ぎる妄想のまま社会に突入したので、現実とのギャップで絶望する毎日でした。

とにかく毎日毎日決まった時間に出社することが苦痛だった。

つまらない仕事につまらない上司、つまらない街に、つまらないスーツ姿の私。

もうこれが人生なら死んだ方がマシだって毎日考えながら生きてました。

こんなマインドで転職をしたところで、やって来る現実は同じようなものです。

内容や職場の人間関係が変わったとしても、ずっと不満でした。

「ここじゃないどこかに私の居場所はある」そんな風に思っていました。

海外旅行にも行ったりもしました。

でもいつまでたっても面白くならない人生。

そんな時に知り合った彼と同棲を始めた私は、「仕事じゃなくて私は結婚して幸せになろう」と、自分の人生と向き合うことから逃げて、「結婚すればこの現実から抜け出せる」と、すり替えて行きました。

もちろんこんなマインドで生きている人間に幸せな結婚なんて訪れるはずもなく、その彼とはお別れが訪れました。

歳も28歳に差し掛かった時に、「あぁもうどうにでもなればいいや。

」と全て投げやりになりました。

そこから、私には一体何ができるんだろう。

私は一体どうしたいんだろう。

と向き合い出したのです。

遅いですよね。

でもそこから私の自分と向き合う(=自分探し)の修行が始まりました。

私は少し絵が描けたので、アトリエに通い、デッサンを一から勉強しました。

macでイラストレーターやフォトショップが使えるようにパソコンのスクールに通いました。

それからとにかくどこでもいいから未経験で雇ってくれる事務所に入り、デザインの仕事を少しでもやらせてもらえるように働きました。

才能も精神力もない私はすぐにクビになったりしながらなんとか技術を貯めて行きました。

こんな風に社会とつながりながら仕事をしていて思ったことはやっぱり会社勤めが向いてないということでした。

「気の合う仲間と末長く会社に所属して働いて行きたい」という気持ちはあるのですが、どうしても長続きできません。

クビになったり自分からやめたりを繰り返した時に、「もう自分一人で頑張るしかないんだ」と諦めました。

そうすると、生活費を稼ぐためのアルバイトも掛け持ちしながら、自分ができることをちょっとずつこなして行くようになりました。

そして気がついたら、「誰かがなんとかしてくれる」「誰かが幸せにしてくれる」「ここではないどこかに私の居場所がある」という他人任せの自分のない考え方から「自分はこうやって生きていく」という自分で決めていく人生になっていました。

「自分探しの旅」の答えは「結婚もできないし、会社にも勤められない私。

」それが私の自分探しの旅で出た答えでした。

これだけ聞くと、こんな人生にだけはなりたくない!と思いますよね(笑)でも誰かのせいにして誰かに幸せや居場所を求めていた時よりもだいぶ楽に、生きています。

今でも誰かに依存したり、自分の人生をやめたくなったりもする時はあります。

でも、そんなことをしてもさらに苦しむだけということがわかっているので、また自分の今やるべきことに集中し始めます。

そして「今の現実を見つめた上で、じゃあどうしていきたいかな」と自問自答し続けることが自分探しだと思っています。

自分探しの旅とは、やれないことをやめていった後に残った少ない自分のやれることをコツコツ続けることだと思いました。

その上で、社会の大多数からはみ出ても、不安で押し潰されそうになる時があっても、全部自分が選択してきた人生だ、と腹を決めてください。

自分の今の人生を肯定することから(現実を見つめることから)新しい道ができていきます。

今自分探しで悩んでいる方、答えは自然に訪れます。

未来や過去に目を向けすぎず、「今」何ができるのか、気分が悪かったら散歩する、風呂に入る、そんな小さなことから自分の気持ちを大事にして行ってください。

長文、読んでいただきありがとうございました。