27歳 男 10代20代自分探しの旅で得たもの

27歳 男 10代20代自分探しの旅で得たもの

私は現在30代前半の女性です。

私は若い頃に10代後半から20代にかけて自分探しの旅や、転職する前に自分を分析してみようと思い、更に追求する形での自分探しの旅等をこれまでにしてきました。

その中で10代の頃の自分探しの旅としましては、とにかく幅広い地域を自転車で駆け巡ることを趣味としても楽しんできましたし、サイクリングとしても楽しんできました。

自分が自転車での自分探しの旅をする中で印象に残っていたことは、やはりこれまで行ったことの無い旅先を自転車で行ってみるとどうしようもない位の高揚感と、次の瞬間には何が待ち受けているんだろうと言う新鮮感が合わさってどうしようも無い位楽しい瞬間となります。

それを自分一人だえではなくノープランの自分探しの旅を友達と自転車でできるのも非常に良かったと思います。

思いが同じ友達達と共通するような形で、将来の悩みを共有して、一緒に考えながら成長して行くこそが、自分探しの旅の答えなのかな?と自問自答することもありました。

様々な新しい景色との出会いの中で私が意識しておりましたのは、その瞬間に出会える人との繋がりを大切にしようと言うことです。

その瞬間に出会える方達との繋がりを大切にすることによって、また新しい世界が開けてくる形にもなります。

それとは別に20代での自分探しの旅としましては、今度は車で向かう形となりました。

車での自分探しの旅としましては、今まで自分が行ったことのない県をターゲットにしまして、行ったことのない県で自分自身が経験したことのない文化や歴史触れてその価値を知ると同時に自分自身も進歩させていくと言うものです。

これにより、自分が今まで考えもしなかった思考パターンを見つけたりですとか、自分自身が研究して行きたい分野が確立できましたので、やはり知らない文化に見て聞いて触れてみると言う要素は非常に魅力的であると思いましたし、今後も自分の感性を高める点において必要不可欠なものであることが分かりました。