25歳女、人生を変えたくてアメリカに留学したら、好転しました!

25歳女、人生を変えたくてアメリカに留学したら、好転しました!

私は40代の主婦で、今は幸せに暮らしています。

でも20代前半の時には何もかもうまく行かなくて、色々と悩み苦しんで、その後の人生に対しても不安しかありませんでした。

そんな生活に疲れきって、このままでは自分自身がダメになってしまうと思って、何か人生を変えることが出来るものを探してみました。

まずは何か堅実な資格を取って、良い仕事に就くことを考えて、色々と調べてみました。

でも私が興味があった資格は、専門の大学を出る必要があったりして難しいことが分かりました。

そして思いついたのが、海外に行って英語を学ぶことでした。

語学に関しては以前から興味がありましたし、海外に行くことによって生活環境も全部変わるので、自分の人生を変えるには良い方法だと思いました。

それからどこに行くかを考えました。

英語を学ぶことが出来る国は割と多くて、どこに行くか、またどんな方法で英語を学ぶ方が良いのかを調べて考えました。

安く留学するにはフィリピンやインドなどに行くのが良さそうでしたが、どうせ英語を勉強するなら、やっぱり英語が主の母国語になっている、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどに行きたいと考えました。

そして結局、アメリカの大学のESLと言う外国人を対象にした英語のクラスを受けることに決めました。

でもその話を両親にしたところ、すごく反対されてしまいました。

なぜならアメリカは危ないというイメージを持っていたからです。

だけど私の決心は変わることがなく、1年以上かけて両親を説得しました。

そしてその1年はアルバイトなどをしながら、留学費用を貯めましたし、英語の勉強も必死でしました。

お金に余裕があれば、留学前に英会話教室などに通って、英語の勉強をすることが出来たと思いますが、そうする余裕が無かったので独学で工夫して必死に勉強しました。

そして25歳の時にアメリカに留学しました。

留学先では色んなことがあって大変でしたが、様々な経験をすることが出来て楽しかったです。

そして最初はあまり話せなかった英語も、だんだん上達して行きました。

それからその学校で色んな人に出会って、また私の人生は変わりました。

ESLの英語のクラスだけ1年ほど受けたら日本に帰るつもりでアメリカに行ったのですが、結局は半年後にはその大学に入りました。

お金が無かったので、大学の施設内でアルバイトをしたり、奨学金をもらったりして、何とか卒業することも出来ました。

この経験は私の人生を思っていた以上に変えてくれました。

自分に自信をもつことが出来るようになりましたし、良い仕事にも就くことが出来ました。

また良い伴侶にも恵まれました。

あの時、本当にアメリカに留学することを決意して良かったと思っています。

そうしなかったら、私の人生は大きく変わっていたと思います。

自分の人生を変えたかったら、自分で行動することが大切だと思います。