本当の自分がみつかった僕は新しい1歩をふみだした!

こんにちわ。23歳男の漱石です。タイトルどおりの体験談です。

 

僕は夢を実現させるために、高校を卒業し専門学校にいきました。

 

そして卒業しあこがれの職業につきました。

 

でもじっさいに就職できたのに、本当にこのままでいいのかわからなくなり、本当の自分を探すために、バックパッカーをしたり、ボランティア活動をしたりしました。

 

それでも、自分探しで本当の自分は見つからず、困ったあげく最終的に占い師の先生の霊視で本当の自分が見つかったという体験を紹介します。

 

本当の自分占いに興味がある人、自分探し占い、自分探しの途中の人、バックパッカー、自分の適職なんかに興味のある人には参考になると思います。

 

 

まず僕を知ってもらうために、少し自己紹介。僕は23歳で今はサービス業をしています。

 

高校を卒業して、夢をかなえるために専門学校にいきました。専門学校では一生懸命勉強し、まわりもうらやましがる、そこそこ良い会社に就職できました。

 

受講のイメージ

 

しかし就職して半年を過ぎた時、本当にこのままでいいのかわからなくなり、退職しました。

 

きっかけは上司の一言でした。

 

「君はヘラヘラ笑って、自分というものがないな。自分がわからないと、人としてダメだぞ」

 

上司は悪気はなかったと思うのですが、この言葉は衝撃的でした。

 

よく考えてみれば、小学生のころから、人の顔色ばかりうかがっていて、人に同調する。

 

 

人に共感することばかり意識してきました。

 

僕に意見なんてあったのか?僕に夢なんてあったのか?疑問はどんどん沸いてきました。

 

上司のことを殴ってやりたいという気持ちをもちながら、ヘラヘラ笑っていた僕。

 

じゃあ上司のことを殴ればよかったのか?それが本当の自分なのか?

 

そういえば、友達からも、先生からもよくヘラヘラしているといわれてた。

 

本当の自分と人前の自分は違う気はしていた。

 

人の反応が気になるし、友達との接し方がわからない。

 

たぶん本当の性格はこうじゃない。でも本当の性格を見せると、世界が崩壊するんじゃないかという不安がありました。

 

友達、親、同僚、先輩といても、どれも本当の自分じゃない気がする。

 

そんな気持ちもありました。

 

「自分というものがないな。自分がわからないと、人としてダメだぞ」

 

自分ってなんなんだろう?ネットで「自分」と検索しても、僕の欲しい言葉はでてきませんでした。

 

そして、3週間後、僕は辞表を提出していました。

 

選択のイメージ

 

周りからはバカだと散々いわれました。

 

それからフリーターで半年働いたら、海外にいったり、ボランティアスタッフになったりしていました。

 

そういう暮らしを繰り返していました。

 

回りにもバックパッカーや自分探し中の人が増え、そんな連中と朝まで議論したりしていました。

 

旅先で出会う経験は、僕の人生を深いものにしてくれました。

 

でも本当の自分を見せてはくれませんでした。

 

ボランティア先で知り合う人も、刺激的で面白い人たちでした。

 

でも彼らも、本当の自分を探している途中でした。

 

旅のイメージ

 

旅もボランティアも、ふとした瞬間に物悲しさがでてきますが、刺激的でした。

 

しかし、本当の自分を探しているというと、バカにする人もいました。

 

自分探しはモラトリアム期間だという人もいました。

 

僕は思いました。自分探しをしてなにが悪いのだろう。

 

本当の自分もわからず、奴隷のようにブラック企業で働きながら、自分の生きる意味をさがしてもがいている僕たちをバカにする。

 

こういう連中が心底嫌いでした。ますます自分を見つけて、見返したくなった。

 

ある日、東南アジアで出会いしばらく一緒だった、3つ上の女性トモコさんから、メールがきました。

 

スマホのイメージ

 

「元気漱石 本当の君は見つかった? 私は本当にやりたいことが見つかって、1年前からビジネスをはじめた。今は東京で事務所を借りて仕事をしている」

 

僕はすごく興味が出たので、急いで休みを取り、トモコさんに会いにいきました。

 

聞きたかったのは、どうやってトモコさんが本当の自分を見つけたかってこと。

 

ひさしぶりにあったトモコさん。ワイルドだったおもかげはすっかりなくなり、きりっとしたビジネスマンの顔をしていた。

 

「漱石ひさしぶりね。ふふ。なんで私が本当の自分を見つけたかって聞きたいんでしょ。いいわ教えてあげる」

 

トモコさんは、本当にやりたいことを見つけた経緯を教えてくれた。

 

実はトモコさんは、1年前に旅行中に大怪我をして、1ヶ月ほど実家の近くの病院で入院していたらしい。

 

その時に、心配してお見舞いにおとずれた高校の頃の同級生に、「本当の自分を探しているから、また旅に出るのよ」といったところ。

 

「もう一度旅に出る前に、この先生に視てもらったら?」と占い師の先生を教えてもらったそうなのです。

 

はばたきのイメージ

 

 

トモコさんはあまり占い師とかは信じるタイプではないのだけど、ちょっと旅にでるのが不安になっていたのもあって、また電話で見てもらうタイプの占いだったこともあって、念のために見てもらったそうだ。

 

 

すると、とんでもなく当たる当たるで、びっくりしたそうで、その先生との出会いで、今のビジネスをしたかったことに気がつき、ビジネスをはじめた所、順調に進みだしたってことだった。

 

その先生は、いわゆる霊感というのかな?その人の潜在意識を視ることができて、その人が本当はどうしたいのか?どういう生き方をするのが向いているのか?

 

そういうことがわかるそうでした。

 

僕は半信半疑だったけど、その電話占いのサイトのURLと先生の名前を教えてもらい、トモコさんとは別れた。

 

NYのイメージ

 

僕はいろいろな所へ旅に出た。いろんな危険な目にもあった。

 

強盗にあいかけて走って逃げたこともあった。

 

生まれてから高校卒業するまでに、できた友達よりはるかに多い人と、コミニケーションを取ったと思う。

 

いろんな経験を積んだのに、導き出せなかった本当の自分という答え。

 

それをトモコさんは、ほんの30分占い師と話をしただけで見つけ、充実した人生を送っている。

 

僕もトモコさんと同じようにすれば、トモコさんと同じようになれるのか?

 

もっと悩まなくてもいいのか?いろいろ考えたけど、結局視てもらうことにした。

 

夜の渋谷のイメージ

 

笑いたい人は笑えば良い。

 

僕のことは視えないかもしれないし、もしかしたら僕には、すごい使命があるかもしれない、視える人にはそれがわかるかも、そう思ったからだ。

 

この先生は予約しないと、占なってもらえないらしいので、トモコさんに教えてもらったURLにアクセスし、会員登録してメールで予約をいれた。

 

ドキドキしながら、先生からの電話をまった。面接の結果を待つような気分だった。

 

怖い先生だったらどうしようと不安だったが、とても優しい雰囲気の先生だった。占なってもらうと、トモコさんがびっくりしたのがとてもよくわかった。

 

とてつもなく当たる。自分があんまり覚えていない記憶も先生は掘り起こしてくれた。

 

いろいろな記憶が頭をかけめぐった。きがつけばボロボロ涙があふれだしていた。

 

教室のイメージ

 

小学生の頃にあったひどいイジメ それがトラウマで、人との距離を取っていること。

 

人と深く接することが怖いこと。傷つけるのが怖いのじゃなくて、本当は傷つけられるのが怖いこと。

 

本当の自分を人前にさらけだされないのはなぜか?

 

人に優しくするのも、優しいのじゃなくて、嫌われたくないから、そうしている。

 

そうしないと、だれも自分のことなんか見てくれない気がする。君はそう思っている。

 

先生は相手の潜在意識にチャンネルをあわせて、読み取るリーディング能力というのが高い先生で、だれにもいってなかったことまで、当てられて、おどろいた。

 

涙で喉をつまらせた。

 

ただ別に怖いということもなく、この先生ならできるだろうな。という感覚でみていたのが自分でも意外だった。

 

道のイメージ

 

この鑑定で、僕は本当の自分がみつかった。心のそこから喜べる仕事、本当に好きだと、結婚したいと思える女性の存在にも気がついた。

 

この話のオチは、幸福の青い鳥は近くにいたという話なんだけど、何度かの旅をして、ボランティアをして、そしてこの先生に出会えて、はじめて青い鳥が目の前に現れた。

 

あなたには想像できるだろうか?いままで見えなかった青い鳥が、占い師の一言で、ジワジワ見えてくる感じが…。

 

こんなに身近だった青い鳥に何で気がつかなかったのだろう。

 

自分探し占い。本当の自分占い。どう表現するかは自由だけど。

 

自分探しで本当の自分にあった僕が、確実にいえることは、現状に満足できていない。苦しいとかんじるのなら、それは本当の自分じゃないということ。

 

本当の自分と出会えたのなら、もうそのレールから1mmたりともずれたくないと感じるものだと思う。

 

僕はいま、このレールから1mmたりともずれたくないと感じている。

 

これは親に引いてもらったレールじゃない。自分が引いたレール。

 

レールのイメージ

 

僕の場合は、自分の潜在意識にコンタクトを取ってくれた先生にアドバイスをしてもらった結果うまれたレール。

 

だから本当の自分のレール。

 

結果僕は自営業をはじめることにした。自分が心からしたいと思ったサービス業だ。

 

トモコさんとは、ビジネス形体はちがうけど、自営業仲間になった。

 

昔に付き合って自分から振った彼女と、復縁が決まった。

 

これも先生のお陰。

 

僕が彼女をまだ好きだと思っていることに、気付かせてくれた。

 

僕の潜在意識から彼女の意識にアクセスして、彼女の方も、まだ僕のことが好きだと思っていることも教えてくれた。

 

彼女にいった。

 

これからしたいサービス業のこと。そして彼女への気持ちのこと。

 

泣きながらOKしてくれた。そして全面的に協力するといってくれた。

 

彼女と結婚しようと思った。

 

婚約指輪のイメージ

 

両親にも話をした。彼女の親とも話をした。友人にも話をした。恩師にも話をした。

 

どんな顔をされるか不安だったけど、みんな「応援する」といってくれた。

 

それからどんどん人生が変わっていった。すこし怖くなるくらい話が進んでいった。

 

助成金などの話もでてきて、バイトをしてお金をためずに、仕事がはじめれることになった。

 

初めは少ないお客さんも少しずつついてきた。彼女と贅沢ではないけれど、人並みに生活できるようになった。

 

悩みことが出た時は、先生にもアドバイスをもらった。すると不思議とうまくいった。

 

結婚のイメージ

 

今月彼女と、小さいながらも結婚式をあげることになりました。

 

もしあなたが自分探しで悩んでいるのであれば、いちど相談してみるとよいと思います。

 

トモコさんも僕も解決できたので、あなたも解決できるかもしれません。

 

私が相談した先生は若菜(ワカナ)先生です。こちらのサイトは裏技があって、初回登録するだけで1500円分、チュートリアルっていうのをするだけで。2000円分。計3500円分無料で占なってもらえます。

 

 

チュートリアルは何分か時間がかかりますが、使い方を覚えるといだけのものなんで、やっとかないと損です。

 

PS:お忙しい先生ですので、予約しないと鑑定はムリです。

 

更新履歴